2015年05月13日

イルカ

すでに新聞・テレビなどで報道されていますが、WAZA(世界動物園水族館協会)がJAZA(日本動物園水族館協会)に対し、資格停止処分を科しました。

問題にされているのはイルカの入手先・方法ですが、イルカの追い込み漁は、日本古来の漁法として続けられている漁法で、これを問題視しても議論は平行線のままと思われます。

イルカを入手することにも増して、イルカを飼育すること、そのものを議論しようとしても困難なことは承知していますが、ぜひ、イルカを飼育することを考える機会にして欲しいと思います。

日本の水族館でイルカの繁殖に成功している例はありますが、限られています。今後、仮に繁殖率が高くなっても、限られた頭数の中で繁殖を続ければ近親交配に近くなります。それを避けるために野生からの捕獲を必要とします。今回の問題で、そのようにコメントしている水族館がありました。種の保存や生息域外保全をかかげる水族館で、繁殖のために野生捕獲を必要とするのであれば、これは本末転倒、種の保存は破綻しています。

日本では、年間2千万人もの人々が水族館を訪れます。多くの人が、イルカを見てショーを楽しみます。しかし、目の前のイルカが、どこからどのように来たのか、関心を持つ人はどれくらいいるのでしょうか。

イルカを見たい人がいるから、飼育する。イルカが飼育されているから、水族館を訪れショーを楽しむ。

本当にそれでいいのか、ぜひ、考える機会にして欲しいと強く願います。

posted by kangaerunakama at 19:48| Comment(0) | 水族館